読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レオパ日和〜ヒョウモントカゲモドキの飼育〜

ヒョウモントカゲモドキを飼育しているブログです。

レオパがフロッグソイルを食べてしまった。。。 誤飲の影響がないか心配


スポンサーリンク

f:id:bbb_network:20161012213930j:plain

我が家の守護神ことヒョウモントカゲモドキのバンブルですが、とにかく食欲旺盛です。僕が帰宅すると、すぐにケージの中をゴソゴソと動き回り、餌をねだってきます。

 

確かショップの店員さんに聞いた話では、1週間にコオロギを5匹ということでしたが、このペースでいくと1週間に20匹はコオロギをたいらげてしまいそうです。今の状態がどちらかというとスリムですし、尻尾も細めなので、まだまだ食べてもいいような気はしますが、やはり食べ過ぎは人間にとっても(餌代)爬虫類にとっても(健康面)よくないので、気をつけたいですね。

 

そんな食欲旺盛なバンブルですが、本日床材にしているフロッグソイルを誤って食べてしまうところを見ました。床材の誤飲は危険だと聞いていたので、とても心配です。フロッグソイルについて調べてみたので、書いてみます。

 

フロッグソイルとは

僕が床材として使用しているのは、スドーのフロッグソイルです。

スドー フロッグソイル 2.5Kg

スドー フロッグソイル 2.5Kg

 

もともとはベルツノガエル飼育用らしいのですが、ヒョウモントカゲモドキの飼育でも湿度を保つ効果があり、優秀と聞いて購入しました。フロッグソイルの魅力的な点は3つあります。

 

  1. 価格が安い
  2. 洗って長期間使える
  3. 活性炭入りで臭いを吸着

 

特に活性炭入りというところに惹かれました。爬虫類はそんなに臭いが強くないですが、それでもやっぱりフンをした後はマッチョな臭いがケージの中に残ります。それを吸着してくれたら、ラッキーだなと思いました。

 

また、3つに含めませんでしたが、黒い土というのもいい味を出しています。ヒョウモントカゲモドキは体色が鮮やかなので、床材が黒だと余計に映えるような気がします。

 

フロッグソイル誤飲の危険性

フロッグソイルを誤飲してしまった場合、どうなるんでしょうか。商品説明欄には、以下のように記載がありました。

給餌の際、エサにフロッグソイルを付着させないように注意してください。誤飲したフロッグソイルは少量であれば自然に排出されますが、多量に誤飲すると消化器官を詰まらせる恐れがあります。

多量に誤飲すると、消化器官を詰まらせる恐れがあるそうです。。。バンブルは僕の眼の前で、フロッグソイルをよく噛んでから飲み込んでいましたが、次に排泄するまでは注意したほうがいいかもしれません。

 

食欲旺盛なのはいいことですが、なにも床材まで食べなくてもいいんじゃないかと思います。

 

フロッグソイルを誤飲した理由

今回、バンブルがフロッグソイルを誤飲してしまった原因に、僕の責任もありました。僕はいつも餌をあげる時には割り箸でコオロギをつまんであげています。そのため、バンブルにとって割り箸=食事という認識ができてしまっていたようなんですね。

 

僕はケージの中で汚れていたゴミを捨てようと思い、割り箸をケージの中に入れました。すると、その先にあったフロッグソイルを餌だと間違え、そのまま食べてしまったようです。

 

人間の感性なら、土だと思った時点で吐き出すと思いますが、爬虫類ではそこらへんは通じないんですね。飼い主として軽率だったと反省し、今後の再発防止に努めたいと思います。

 

まとめ

フロッグソイルは多量に誤飲をしなければ、それほど問題にはならなそうです。今回は僕の目の前で誤飲をしたので気づきましたが、僕が留守にしている間に誤飲をしてしまっていたら気がつきようがありません。

 

ウェットシェルターの件もありますし、飼育環境の見直しを近いうちに行う必要があるかもしれないですね。

bumble-leopa.hatenablog.jp

 

仕事ではないですが、常に改善を心がけてヒョウモントカゲモドキとの生活を楽しみたいと思います。

 

それでは、また。